電車に乗っていて思ったことと私に起こったまさかの出来事

電車の中吊り広告や、ラジオのCMで、過払い金についての悩みのある方はお問い合わせ下さいという告知をよく耳にします。昔金融に勤めていたことがあるので、過払い金については調停でよく問題になっていました。

今は完全に過払い金については法律で保護されていますが、私が勤めていた頃はまだグレーゾーン的な扱いでした。利率についても契約書にある利率で契約したのだから、その金額で返済しますという方も多くいたのです。今の状況は、昔の頃では想像もできませんでした。

そして、最近では過払い金問題が落ち着いてきたのか、最近目にするようになってきたのは、スマートフォンのゲームで課金をしすぎた人に対して取り戻せるという告知がされていたのです。これが次のターゲットなのかなあと感心してしまいました。

生活のためというか仕事のためというか何とも表現のしようがないのですが、次から次によく考えつくなという思いです。困っている人の助けになるのであればいいのかもしれませんが、もう少し法律でどうにかなればいいのにと思ってしまいます。

ゲームセンターにあるクレーンゲームを自宅でインターネットを通じて遊ぶというのは、思いつくことは理解できるのですが、まさか実現させてしまうとは驚きです。自宅で気軽に遊べるなら、ヒットしそうな気がしました。

しかも、ニュース記事では景品がアイドルの周辺に漂っている空気というのです。これにはとても驚きました。空気を売ってしまおうなんて、とても考えつくものではないからです。しかし、アイドルブームというものはよく話題になっています。

好きな人はどれだけお金を出しても、好きなアイドルのためなら欲しいのかもしれません。私にはとても理解できないのですが、ファン心理というものは抑える事のできない衝動のようなものがあるのでしょう。

幼い頃から今までアイドルというものにあまり魅力を感じることはありませんでした。周囲の友人などが、流行のアイドルにはまって誰々が可愛いとか、誰々が一番だとか言ってる話題には全くついていけませんでした。

そんな私でしたが、スマートフォンを持つようになってまさか乙女ゲームにはまってしまうとは思いもしませんでした。誰々推しというものもしっかりと板についてきてSNSを通じて同じひいきのキャラクターについて熱く語ってしまっています。昔の自分からはとても想像できないことなのですが、変われば変わるものだなあと自分のことながら驚いています。